転職するか辞めないか迷う時の3つの考え方

転職、副業

「転職するか、やっぱり辞めないで今の会社で仕事を続けるか迷う…」と、社会人なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

「働き方改革」や「自分らしく働く」というスローガンをよく耳にする昨今、より多くの人が転職を意識するようになりました。

しかし、転職することで必ずしも成功するとは限りません。

後から後悔しないためにも、一度立ち止まって冷静に考えてみることをオススメします。

人生を豊かにする転職ができるかは自分次第です。

今回は、「転職するか辞めないか迷う時の3つの考え方」について紹介していきます。

考え方1 : 今の職場への不満は本当に解決できないのか?

1つ目は「今の職場への不満は本当に解決できないのか」という考え方です。

社会人にとって、職場とは1日の大半を過ごす大切な居場所でもあります。

まずは、転職して環境を変えたいと思うほどの不満が今の職場のどこにあるのかを考えてみましょう。

もし、今抱えている不満を辞めることなく解決できるのなら、転職の必要はなくなりますよね?

「煩わしい問題から逃げ出したい!」と思う気持ちも分かります。

しかし転職を焦ることは絶対にNGです!!

改善できる問題にはしっかりと向き合ってから、転職するか辞めないかの判断をしてください。

よくある職場の問題や不満、それに対する対処法について取り上げてみます。

人間関係の問題

 

転職を考えたきっかけに人間関係のトラブルがある場合、人事部に相談してみるという方法があります。

パワハラやセクハラの問題があるのなら、会社としても絶対に無視できません。

何かしらの改善が期待できるでしょう。

他にも、部署の異動を希望してみることで、辞めることなく環境を変えることができる可能性があります。

給与や労働時間への不満

「毎日残業している」「休日出勤が当たり前」「労働と給与が見合っていない」等、待遇面で不満を抱えるケースも多いです。

この場合、上司に交渉することで解決の糸口が見つかる可能性があります

しかし、心身ともに限界を感じているのなら、一刻も早く心と体を休めることを優先してください。


やりがいを感じない問題

仕事に対してやりがいを感じられない場合は、もしかすると「当事者意識」が欠けているかもしれません。

転職を考えるよりも先に、「当事者意識」を持つことで、今までやりがいのなかった業務への印象も変わることもあるでしょう。

自ら改善点に気付き、作業効率をアップさせることができれば、やりがいを感じられる方向性に進めるはずです。

 

考え方2 : 自分の理想とする仕事はどのようなものなのか?

2つ目は「自分の理想とする仕事はどのようなものなのか?」という考え方です。

見切り発車で今の仕事を辞めてしまうと、転職の方向性が定まらず、苦労することになります。

仕事を辞めた後のゴールは、転職を成功させることではありません。仕事における自分の理想を実現できるのか」という視点を忘れないでください。

例えば、英語が得意な人は、語学力を活かした仕事をしたいと希望する場合が多いです。

もっと深く考えるならば、語学力を活かした「どのような」仕事をしたいのかを考える必要があります。

接客業や教育関係、商社関係または翻訳家等も考えられます。仕事内容はそれぞれバラバラで、求められる語学力のレベルも大きく異なるでしょう。

私の友人は、困っている人のサポートがしたいと看護師の道に進みました。

しかし、何に」困っている人に「どのような」サポートがしたいのか、なかなか分からずに悩んだと聞いています。

悩んで考えた結果、「新しい命の誕生に寄り添ったサポート」こそ、自分が本当にやりたかったことだと思い至り、さらに勉強に励んで助産師の資格を取ったのです。

このように、自分の理想の定義を考えた上で今やるべきことに着手していくことで、理想とする未来へ歩みを進めることができます。

全くの別業種にチャレンジする場合を除けば、部署を異動することで、希望とする業務に関わることもできるかもしれません。

自分の理想とする仕事について、具体的に把握しておくことが理想の転職にも繋がります。

考え方3 : 辞めた場合の生活は明確にイメージできているのか?

 

3つ目は「辞めた場合の生活は明確にイメージできているのか?」という考え方です。

転職するか辞めないかを迷う最も大きな理由は、辞めた後の漠然とした不安感ではないでしょうか。

私も全くの別の仕事に転職した経験があります。

入社した会社を辞めようか迷っていた時は、自分の土台を失うような恐怖感がありました。

「金銭面は大丈夫か?」「次の就職先はすぐ見つかるのか?」「今までお世話になった人を裏切ることになるのではないか?」等、収入が途絶える心配だけではなく、体面を気にする気持ちも強かったです。

辞めた後の自分自身について、不安を受け止める覚悟が決まるまで、イメージトレーニングを繰り返しましょう。

転職は人生の大きなターニングポイントにもなり得ます。

「転職したい」という一時の感情だけで行動せずに、辞めた場合どのようなライフスタイルとなるのかを、明確にイメージしてみてください。

その明確なイメージは、その先の人生に必ず役に立つでしょう。

現実を真正面から見つめることが、不安解決への一歩となります。

まとめ

今回は、転職するか辞めないか迷う時の3つの考え方についてお伝えしました。

これからのキャリアプランを思い描いた時、転職が選択肢のひとつに挙がったのなら、落ち着いて状況を整理してみましょう。

①今の職場への不満は本当に解決できないのか?

②自分の理想とする仕事はどのようなものなのか?

③辞めた場合の生活は明確にイメージできているのか?

転職は全ての問題を解決する、万能な方法ではありません。

転職したい理由から「今」の環境を見つめて、理想と現実のふたつの視点から「未来」をしっかりと考えることが大切です。

あなたが次のステージへと自信を持って踏み出せるように祈っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました